Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 父の日に | トップページ | 示現会名古屋展(巡回展) »

2012年6月25日 (月)

私の作品から 「6月の部屋・緑」

私の作品の中から、今回はこの季節にピッタリの作品をご紹介。


タイトル : 「6月の部屋・緑」 F30 油彩

Rokugatu_no_heya_f30



               アトリエの壁に、モジリアーニの
               絵画展パンフレットを貼ってみました

         
               窓の外は今日も雨
               ゆううつな気分の中、紫陽花の花だけは
               今の季節を楽しんでいるようです

               次は何を描こうか ・ ・ ・

10年以上前に描いた作品で、文章も当時のコメントとして書いてあったもの。 私の中では珍しく静物をテーマにしている作品。

◆27日から、私の所属する絵画団体「示現会」の名古屋展が下記にて開催されます。 
 私は、4月に東京・六本木、国立新美術館で開催された「65周年記念示現会展」 に
 出品したもの(雪の安曇野 F100号)を出品します。

 日時 : 6月27日(水)~7月1日(日)

 会場 : 愛知県美術館ギャラリー(名古屋・栄)

 展示作品 : 東京・、国立新美術館での展示作品の中から選抜された作品に
          東海3県、静岡県西部地区出品者の作品を加えた、約150点  


 巡回展日程 :

Zyunkai_2012    
      ※兵庫展~福井展は終了しています。

« 父の日に | トップページ | 示現会名古屋展(巡回展) »

自作品」カテゴリの記事

コメント

季節感溢れる爽やかさがいっぱい! 
絵画に鈍感な私ですがそんな風に感じました。
凄いですね~ 名古屋の愛知県美術館の後、全国巡回展に展示されるのですね。

こんんちは。
静物画も落ち着いた雰囲気で素敵ですね。

country walker さん コメント ありがとう。
10年以上前の作品ですから、今見ると恥ずかしい感じです。
私の作品は、東京と名古屋の2か所のみの展示です。 
選抜された作品が全国を巡回します(役員、委員、入賞者等の作品)

ソングバード さん コメント ありがとう。
風景ばかり描いていると、たまには静物も描きたくなります。 主にユリ、バラ、アジサイ等の花です。  人物も描ききたいのですが、残念ながらデッサンの技量がありませんので、手がけられません。

静物画って何をどこに置くか描く人の自由ですから色彩感覚を
磨くのに良いのかもしれませんね。
みずみずしい色遣いが素敵です。

私も日曜から展覧会ですが愛知県美術館、ぜひ拝見したいと思います。

  たかchanさんの10年前の作品、とてもいいですね。happy01あじさいがあって、今の時期のもので、とても丁寧な感じがします。画風に変化がみられるのでしょうか。栄の展示会は、にぎわうといいですねhappy01

がるうぃん さん コメント ありがとう。
静物画はちょっと遊びというか、風景画ではできない事ができる
思考的な作品のように思います。  
展覧会少し遠いですが、時間がありましたら、ぜひご覧ください。

のずちん  さん コメント ありがとう。
10年前の作品ですが、色のバランスは今でも気に入っている作品です。
10年の間の変化としては、混色の技術というのか、要領が進歩しているように思います。 色の幅というか、造りだせる色の種類が増えたという事でしょうか。 画風としてはあまり変化は無いと思っています。

こんばんは。

やっぱり紫陽花と緑系の色の配置がキーポイントなのでしょうか?
全体的に柔らかな印象を感じます。

何分にも素人なので、見るべきポイント?が
ズレているかもしれませんがcoldsweats01

bill さん コメント ありがとう。
アジサイと全体の色あいから、作品タイトルを 「6月の部屋・緑」としましたが、この作品は展覧会には出品していません。  ですから絵としてどうなのかというと、自分でもわからないという感じです。 しいて言えば、全体の色のバランスというか、ハーモニーという事でしょうかね。  続編もあります。

たかchan、今晩は。
 久々に絵を拝見させていただきました。絵に関しては、全くの素人ですが、机上の透明感がいいなと思いました。また、手前のレモンは何を意図されているのかなと興味を持ちました。肝心のアジサイよりも、他のことに目が向いてしまい、失礼しました。

tama さん コメント ありがとう。
これは、10年以上前に少し、遊び心で描いた作品です。
手前の ”レモン” は、テーブルから落下している瞬間のものです。
誰か忘れましたが、有名な画家の絵をまねしてみました。
意図としては、この絵を見た人が、 ”何、これっ!”こんなのあり?”と、
思っていただければ、ありがたいです。  すみません、わざとらしくて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/55021733

この記事へのトラックバック一覧です: 私の作品から 「6月の部屋・緑」:

« 父の日に | トップページ | 示現会名古屋展(巡回展) »

カウンター

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック