Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 安曇野(1) | トップページ | 安曇野(3) »

2012年5月10日 (木)

安曇野(2)

連休に長野県の安曇野を取材したので、3回シリーズで、ご紹介。
2回目の今回は、「北安曇郡池田町」と「大町市」から。 

池田町は高瀬川の東側に位置し、少し山麓に登ったところは北アルプスを眺望するのにたいへん適した場所でもあり、安曇野を愛した「山下大五郎」画伯も、池田町から見た多くの作品を描いている。 先回のブログで、雲に隠れて見えない有明山の写真を掲載したが、今回は雨が上がった後の風景を見る事が出来たのが、下の写真。

Ikeda_ariakehenomiti
「山下大五郎」画伯は、この構図で、「有明への道」と題して何枚も描いている。 お気に入りの場所のようだ。



同じ場所から。  殆どの田に水が入り、代掻き、田植えが進んでいる。
山の中央から左側にかけて、白くかすんでいるのは、夕立になっているため。 

Ikeda_4




先回のブログで、「山下大五郎」画伯のスケッチポイント(上記の場所:相道寺)をご紹介したが、今回2つ目のポイント ”滝沢” をご紹介。  この池田町の山麓沿いに続く道は「安曇野北アルプス展望の道」と言われ、ウォーキングコースになっている。 その名の通り、スケッチに絶好の北アルプス眺望ポイントがいたるところにある。  本当にどこを描けばいいのか迷ってしまうほど  (-_-;)

Yamasita_daigorou_midorinokaze_2
「緑の風」  油彩 F10号  昭和61年制作 (展望美術館・池田町立美術館蔵)


「山下大五郎」画伯の作品写真がイーゼル形のモニュメントとして道路脇に設置されている。  この作品の実際の場所としては、下の写真のようだ。

Ikeda_3




次は、この近くにある ”滝沢神社” の境内下から見た風景。  しかし残念ながら、雲がまだ北アルプスにかかっていて、中央の後立山連峰 ”爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳” は山頂が見えない。

Ikeda_takizawa




次は、北に移動して池田町に隣接している大町市から。
仁科三湖の一つ、一番南に位置する ”木崎湖” 。 
湖の北端、”海の口” から対岸の集落を見た風景で、ここは私の作品「待春木崎湖」で紹介した場所。 のどかで落ち着いた様子がなんとも言えない。 釣り人もボートで出ているようだ。

Kizakiko





続いて、仁科三湖の真ん中に位置する ”中綱湖” 。 
国道148号線を走ったままでいると湖岸には近づけないので、木崎湖を過ぎたら左側に入る道路標識を見逃さないようにして湖岸を走る道路に入る。
ここでは、湖に映る幻想的な桜の開花を見る事ができた。

Nakatunako_sakura





最後は、一番北側に位置する 三湖の中で最大で、水深62mという ”青木湖” 。
この湖も国道148号線を走るままだと見落としてしまうので、中綱湖から続く湖岸の道路に入り、静かで落ち着いた風情を楽しみたい。 天候が良ければ、北アルプスも見える。

Aokiko_sakura


次回の3回目は、さらに北上して、道路脇にまだ雪の塊が残る「白馬さのさか」を過ぎて「北安曇郡白馬村」から。 

« 安曇野(1) | トップページ | 安曇野(3) »

風景」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
どのお写真を見ても この地に対する愛情が伝わってきます
この地を愛してやまないたかchanさんの思いが伝わってきます・・

たかchanさん、こんばんわhappy01

 池田町、大町は、自動車で、通ったことがありますが、地域のことは、知らずに通り過ぎてしまいました。北アルプスは、山が高い印象を受けましたが、安曇野との調和がよいのでしょうね。水田のようすも、とても良い感じを受けます。長野県は、あちこちに湖がありますね。観光地化されていないところも多くて、自然を感じさせられた記憶があります。happy01

青空 さん

コメント ありがとう。  2,3日の滞在では、なかなかいい天候に恵まれる事も難しい
ですが、それでも毎回、新しい出会いもありますし、いいものですね。 今回もブログで
知った 「カフェ 風のいろ」さんを訪問して、楽しい時間を過ごしました。 下記URLからどうぞ。
http://kazecafe.exblog.jp/

のずちん  さん

コメント ありがとう。  いつも、周りの車がたいへん早く走ります。 特に高瀬川沿いの
堤防上の道路は直線で、ほとんど信号も無いので、みんな、かなりのスピードで走ります。 それぞれの目的は違うので、やむを得ないのですが。 最近は車を止めて、歩きながら
風景を巡るようにしています。

こんばんは!

どの方面を向いても素晴らしい景色ですね。
のんびり歩いてみたくなります。

スケッチポイントの選定には、それなりのセンスも求められそうですね~
(ボクには厳しいかも…)

bill さん

コメント ありがとう。 安曇野は本当にどこへ行ってもいい景色ですから
車で通りすぎるだけでは、もったいない感じですね。 カメラが趣味の方は、おそらく構図
取りとか絵を描く人とも似ているのではないでしょうか。 ただ、自然は思うように振る舞ってはくれないし、待っていてもくれませんから、写真はそこが絵と違って、難しいところだと思います。

この風景を愛した「山下大五郎」画伯、そして安曇野一帯に魅せられた「たかchan」さん。
雪を頂く北アルプスの眺望に美しい水田の風情を見れば、分かる様な気が致します。素晴しいです!

中綱湖の湖面に映る萌え木色の桜
柔らかい色が素晴らしいです。

country walker さん

コメント ありがとう。  田園風景だけを見れば、どこにでもあるような景色なのかもしれませんが、残雪のある3,000m級の北アルプスとの組み合わせとなると、そうどこにでも
あるものではないと思います。 「山下大五郎」画伯が描いた頃の不定形の田が入り混じる構図は、、耕地整理されて碁盤の目のような形になった今、面白みには欠けているようですが、それでも訪れる人が多いということは魅力があるということなのでしょう。

里山通信風の中 さん

コメント ありがとう。 ここは偶然通りかかったら何台も車が止まっていて、写真を撮って
いる方がいたので分かりました。  後で観光パンフレットを見ると、春にオオヤマザクラが湖面をピンクに染めて幻想的な ・ ・ ・ と、掲載されていました。  昨年は無かった、「塩の道」 という旗を、あちこちにたくさん見かけました。 「おひさま」はドラマが終わったためか、見かけなくなりましたね。

こんばんは
中綱湖の桜 ご覧になられたのですね。
水鏡になっていますね。
いいなぁ・・・
私は毎年出かけていますが、なかなか桜の時期と私の予定と天気が上手く組み合わなくて、素敵な景色に出会えていません。

rw さん

コメント ありがとう。 ここは、rwさんの前の方(里山通信風の中) さんのコメントに書いたように、4日の午後、白馬村に向かう途中に偶然通りかかった時に出会った次第です。 
運が良かったんですね。

桜咲く中綱湖の風景とても幻想的です。

くらんぽん さん

コメント ありがとう。
湖面に映る桜の姿は本当に幻想的な感じがしましたが、この後、
風が出てさざ波が立ち、見れなくなってしまいました。 タイミングが
良かったんですね。

こんばんは
お花や、果実や素敵な写真がいっぱいのブログですね。
うちの旦那さんの実家も池田町です。5月の25日に行ってきました。
田んぼの緑と雪山が美しかったです。
何回も行っていますが、すっきりと山が見られるのはなかなか難しいですね。
また遊びに来ます。

coya さん コメント ありがとう。
池田町は最も北アルプスを見るのに適した場所の一つだと思います。 10年以上、たびたび訪れては、絵の題材を探しています。  2~3日の取材では、本当にいい天候に恵まれるのはむつかしいですね。 HPもありますので、左側のリンク ~季節の風を感じて~ からどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/54672921

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野(2):

« 安曇野(1) | トップページ | 安曇野(3) »

カウンター

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック