Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 安曇野(2) | トップページ | 服部譲司先生 個展 »

2012年5月13日 (日)

安曇野(3)

連休に長野県の安曇野を取材したので、3回シリーズで、ご紹介。
3回目の今回は、北安曇郡白馬村から。 

まずは、白馬駅の北東にある「大出公園」から白馬三山を、と言いたいが、残念ながら夜半までの雨の影響か雲が多く、なかなか晴れず しかたがなくあたりを散策。 しかし山頂の見える事は無かった。 隣に駐車した車も私と同じ「浜松No.」 で、カメラ三脚を据えてずっと山が見えるのを待っている様子。 他にも5,6人ほどいたがみんな諦めて、そうそうに引き上げていった。 やはりダメな時はいくら待ってもダメなようだ (-_-;)  下の写真がそれでも一番雲が引いた時のもの。

 

Hakubasanzan





姫川の下流側を見た様子で、集落へ渡る吊り橋が架っている。 この位置では白馬三山は左手方向になり画面には見えない。

Oide_hasi





次は、この大出公園の姫川に架る吊り橋のたもとにある歌碑について。

どういうわけか、白馬村のこの場所に「白線流し」の歌碑がある。 「白線流し」は、もともと岐阜県高山市の斐太(ひだ)高校において、旧制中学のころから70年あまりにわたり、現在も3月1日に高校前を流れる川において行われている伝統行事であるが、1996年にフジテレビ系列において、長野県松本市の松本北高という架空の高校を舞台に、長瀬智也、酒井美紀らの出演によりテレビドラマ化され、全国的に知られたということである。  ここには、 

  「白線流し」

    作詞:村田さち子、作編曲:寺内タケシ、歌:田端義夫 

    古(いにしへ)の教えにならい 
    おまえの白いマフラーと
 
    俺の帽子の白線を 
    姫川に流したあの日
    泣き顔見せず背を向けた 
    おまえの髪に粉雪が
    待たせ過ぎたね 許しておくれ 
    二十才で死んだお前の墓に 
    あの日と同じ雪模様 
    ちらちらと ちらちらと

とあった。  どんな経緯でこのような歌碑がこの場所にあるのかは分からない。

Hakusennagasi





裏山に少し登ったところに公園を展望できる場所があるが、道端にたくさんの草花が咲いていた中から、ひとつ。 名前はわからない。

Sanyasou





また、ここには、” クマ注意” の看板と、クマよけの ”拍子木” が置かれていて、「これを時々、打ち鳴らしながら歩いてください。」 とのコメントがあった。 怖っ!

Kumayoke





次は、少し北に移動して ”青鬼集落” へ行ってみた。
ここでは200枚の棚田と茅葺き屋根の家があり、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。 また、棚田は平成11年に日本の棚田百選に選定されているとの事。 棚田では田起こしが終わったところで、水はまだ入っていないので、水田に映る景観を見ることはできなかった。  大出公園と同じく雲が北アルプスにかかっている。 雲が引けば この時期 ”武田菱” の雪形を山頂付近にもつ ”五竜岳” が正面に見えるはずだが  (-_-;)   正面右手に長野オリンピックのジャンプ台が見えている。

Aoni_2





集落入口にある駐車場から、集落の様子を見る。 茅葺き屋根の家は現在では全てトタンに覆われている。

Aoni_ienami





最後は、家の脇に咲いていた ”ツバキ” の花。 ”ヤブツバキ” か。

Aoni_tubaki



以上、3回にわたり紹介した ”安曇野” でした。 
なかなか2.3日の滞在では天候に恵まれないこともあるが、新しい出会いもあり楽しい取材だった。

私のホームページも見てくださいね。 左側のリンク ~季節の風を感じて~ からどうぞ。

« 安曇野(2) | トップページ | 服部譲司先生 個展 »

風景」カテゴリの記事

コメント

たかchanさん、こんばんわhappy01

 白馬は、長野県の最北で、雪の多いところのようですね。5月でも残雪がくっきりみられます。吊り橋など、最近では、見かけることが少なくなったものが残っていますね。棚田や家の石垣も最近は、見ることが少なくなりました。家や屋根の形は、雪国独特のものかと思います。浜松ナンバーの自動車も来ていたとのことで、縁は、どこにあるか分からないように感じました。happy01

のずちん さん

いつもコメント ありがとう。 白馬村はもう少し走れば新潟県という位置ですからね、安曇野と言えるのかどうかは疑問なところですが。  1時間くらい大出公園周辺を散策しましたが、雲が立ち込めたままで、白馬三山の全景写真は撮れませんでした。  帰りの5日にはたぶん晴れた事と思います。

こんばんは~。

白馬三山の写真は、もう十分キレイです。
たかchanさまのブログを見て、ウチのカミさんも安曇野に行ってみたいと言っておりました。

bill さん

コメント ありがとう。 もう少しで頂上までの姿が見れるのですが、白馬鑓ヶ岳の三角の
全景がほしいところです。  福島からは少し遠いところかもしれませんが、ぜひ一度、
残雪のある春の季節にお出かけください。

おはようございます。
安曇野シリーズ、ゆっくり見せて頂きました。
ゆ~たりした情景が心を静めてくれますね。
山の写真はやはり天候任せで苦労するみたいですが、雲の垂れ下がった光景もいいですよ。

南信州で暮らしているので、清らかな景色に心洗われます。信州は観光地なので、いたるところ歌碑がよくあります。
”白線流し”の歌詞、初めて読みました。キュンとします。
テンプレートに質問です。自分も初めてブログを書いたときこのテンプレートを選びましたが、背景の色はもっと紫ぽかった気がします。手を入れられたのですか?(心地いいので、つい長くなりすみません)

安曇野の魅力をタップリと味う事が出来ました。
雲がかかった山々、霧の風景にも見えて風情がありますね。吊橋のある風景は掛け軸の絵を見るようです、青鬼集落がやはり魅力があります、棚田の田植え頃にはさぞかしと想像いたします。
安曇野シリーズありがとうございました。

ソングバード さん

コメント ありがとう。 天候ばかりは致し方ありませんから、それなりに撮るしかありませんね。 隣に駐車した車の方は早朝から川岸に三脚を立てて、ひたすら雲が切れるのを待っていました。  写真を撮る方は本当にたいへんな事がわかります。

くらんぽん さん 

コメント ありがとう。 
”白線流し” は、テレビドラマのせいか、スピッツの「空も飛べるはず」が、すぐ頭に浮かびますが、 調べてみたら、この歌碑の歌もレコード化されているようですね。
このウサギのテンプレートは、色は変更できないと思いますよ。 (私がウサギ年という理由だけで選びましたが)

country walker さん

コメント ありがとう。
安曇野の池田町では、アルプス展望ウォーキングという催しを何回か行っていて、
関東からバス20数台を使って、11日は1,100名、13日は950人が池田町を

訪れてウォーキングを楽しんだようです。 記事は下記からどうぞ。
http://ikeda.naganoblog.jp/e1010962.html

  こんにちは  ご無沙汰です。
  今日は久しぶりの雨でゆっくり拝見しています。
  やっぱり安曇野の自然はいいですねー
  澄み切った空気感がわかります。
  久しぶりに息子が帰って来たので たかchanのブログ
  写真や絵画展ようすを 見せてやりました。
 ” すごいなー 実物みたらもっと迫力あるんやろうなー”
  びっくり!!してました。
  

京都こまち さん

コメント ありがとう。 五月連休の長野取材の天候は雨こそ降らないものの雲が多く、
帰る日になってようやく良くなってきた次第です。  また、HPの方にもUPしますので、
時間があったら見てくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/54672961

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野(3):

« 安曇野(2) | トップページ | 服部譲司先生 個展 »

カウンター

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック