Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 桜空間で(1) | トップページ | 示現会展・国立新美術館 »

2012年4月10日 (火)

桜空間で(2)

~桜空間で~ の2回シリーズの2回目。


今回は愛知県新城市にある ”桜淵公園” で、吊り橋ができてから整備された豊川の南側の様子をご紹介。 この南側は大きな駐車場があり、露店も多く出店されているおかげで、ほとんどの花見客(宴会客)はこちらに集まっている。 私が子供の頃はこのつり橋は無く、代わりに渡し船があり南側の岸辺にも行く事が出来た。  当然南側の現在ある大きな駐車場は無く、田畑が広がるだけで、見るべき物は何も無かったが、北側の岸辺に咲く桜を眺めて花見をしたということのようだ。

Sakurabuti_12_2

いくら花見客の車の列が、どの方向も数100mの渋滞の列をつくるほど賑っているとは言っても、東京の ”上野公園”のひしめき合うほどの人の数とは到底、比較にならない。 ご覧のように ”ゆったりと ”場所取り” ができる。(土日の休日でも、この余裕)

Sakurabuti_10_4







Sakurabuti_9







露店は多く出ていて、たいへん賑っていた。

Sakurabuti_6







吊橋の上から東側(上流側)を見た様子。 このあたりは流れが緩やかだ。
この上流側まで手漕ぎボートで来る人は、たぶん腕力のある人と思える。 (ただし時間オーバーで追加料金の可能性あり) 子供の頃によく遊んだ、写真の左側岸辺の砂場は現在は無くなってしまった。
Sakurabuti_5

ちなみに、新聞、ニュース、パンフレット等では、 ”桜淵” と表記されるが、北側の公園正面入口に設置されている碑の文字は、下の写真で見るように ”桜渕” だ。

Sakurabuti_8

ということで、2回に分けてご紹介した ”桜淵公園” で、例年より開花は遅れたようだが、見ごろは後一週間、15日(日)くらいまでか?  日中の風は冷たい感じの~桜空間~でした。

PS.
現在、東京の六本木にある国立新美術館で開催中の「示現会展」(私が所属する絵画団体の絵画展)を、先週、見に行ってきた。 会場の様子、展示作品の一部を私のホームページに掲載中。 左側のリンク ~季節の風を感じて~ の中の ギャラリー5.をご覧ください。

« 桜空間で(1) | トップページ | 示現会展・国立新美術館 »

風景」カテゴリの記事

コメント

たかchanさん、こんばんわ

 桜淵公園は、広いので、ゆとり
がありますね。ボートを上まで漕ぐ
のは、大変だと思います。ボート
場の近くの新城観光ホテルは、
この時期は、宿泊の人たちで、賑
わっていると思います。これから、
桜淵周辺は、新緑の季節で、いい
時期ですね、smile

のずちん さん

いつもありがとう。
船付き場のすぐ上が、川幅が狭くなって流れがあるので、ここを流れに
さからって漕ぎ、上流まで行くのはなかなかたいへんですよ。
女性ではちょっと無理かも (-_-;)  子供の頃はここで「和船」という長い船を
櫓(ろ)を使って漕いだ事もあります。  桜の季節を過ぎれば、また、静かな
たたずまいの公園になりますね。

”桜淵”川の流れを見ましても穏やかですね。1足早くお花見をさせてもらいました。のどかの一言、のんびりした気分になります。

紹介して頂いた桜淵公園、家内共々昨日早速行ってきましたよ。
良い所ですね~
公園内を廻っても初めてのところばかり・・・
自分がかつてJRのウォーキングで訪れた公園は此処ではなく、新城総合公園の間違いだと気付きました。
ハラハラと風に舞う桜の花びらと、豊川の美しい色が特に印象的でした。
良い所を教えてくださりありがとうございました。

もう満開なんですね・・
  こちらはまだ満開にはもう少しいたりません。
  だけど 今日の無情な雨に桜ももちこたえられますかしら・・
  
  毎年見ごろになると 雨にたたられているように思いませんか!!
  
  そうそう 東京六本木の絵画展の ホームページ見させて
  頂きました。 いいですね・・ どの作品も思わず見入って
  しまいました。 あんなすてきな絵画展一度この目で
  ゆっくり見てみたいと心からおもいました。 
  いつか チャンスが来ることをねがいつつ・・・・・

くらんぽん さん

コメント ありがとう。
このあたりから川幅も広くて、ゆったりとした豊川の流れになり、
豊橋を通り、三河湾に注ぎこみます。 ここより上流は川幅も狭く
流れも速いところが多いです。 「アユ漁」が解禁になると、
多くの釣り人を見かけます。

country walker  さん

コメント ありがとう。
お出かけになられたんですね。  私の郷里ですのでたいへん
うれしいです。 ここは高低差のある起伏に富んだ地形の公園
で、桜もいろいろな角度から見られますから、被写体としても
いいと思います。 川の水の色もきれいですから桜も映えるでしょう。


京都こまち  さん

コメント ありがとう。
京都は少し寒いのでしょうか。 でもこれから楽しみですね。
東京での絵画展の後、全国巡回展が始まります。
京都は、京都市美術館で、7月17日~22日の日程で開催。
選抜作品と京都近隣の出品者の作品で、150点余りの展示かと
思います。 時間がありましたら、ぜひお出かけください。

おはようございます。
桜淵、名前のごとく美しい流れに桜が映えて素敵なところですね。

示現会展、ホームページで見させていただきました。
主役の有明山も見事ですが、
中景の紫がかった木々や広がる雪の田畑に心惹かれました。
安曇野の冬の張りつめた、でもほんのりぬくもりを感じさせるような
古里の空気感が伝わってきました。
素晴らしい作品ですね。
遠州展の水の表情にも惹かれました。
故郷をこのように描いていただいてうれしいです。

7月17日~22日 ですね!!
  さっそくカレンダーに印を付けておきます。
  ありがとうございます。

ずくなしはなこ さん

コメント ありがとう。
現在の浜名湖西岸に住み始めて30年以上が過ぎて、いつのまにか
新城に住んでいた期間よりも長くなっていました。 住んでいる時は、
なかなかその良さを感じない事が多いものですが、離れてから見て
みると、改めてその良さに気が付く。 故郷ってそういうものかもしれ
ませんね。 私も久しぶりに桜の季節に訪れてみて、良いところだと
思いました。  (^.^)  

京都こまち  さん

京都の巡回展では、私の作品はありませんが、京都近隣の方の
作品が多数展示されますから、お友達になれる方がいるかも
しれませんね。  !(^^)!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/54423453

この記事へのトラックバック一覧です: 桜空間で(2):

« 桜空間で(1) | トップページ | 示現会展・国立新美術館 »

カウンター

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック