Siesta Etema

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 雨の日に(ツバキ)2 | トップページ | 早春の安曇野(1) »

2012年3月21日 (水)

早春の白馬村・青鬼

白馬駅前を北に少し進み、右手の山間部へ入る道を登ると ”青鬼(あおに)” という集落がある。(2010年3月下旬の取材から)

下の写真はこの青鬼集落の雪が残る棚田から白馬村を望むもので、正面は白馬五竜岳。
ここは大出公園と並んで、絵を描く人、カメラマンにとっては絵になる風景という事で、たいへん人気のある場所だ。

Aoni

青鬼集落への道の途中からは白馬村を望むすばらしい景観が眼前に広がる。
スキー場が多いため山肌は独特の模様を描いている。 左手は白馬五竜岳(2,814m)、中央右手は唐松岳(2,696m)

Aonihenomiti



青鬼集落の解説 

青鬼集落の成立は不詳ですが鎮守である青鬼神社の創建が大同元年(西暦806)と伝わっている事から古くから人々が住み着いていたと思われます。集落には千国街道と長野地方とを繋ぐ街道が通っていたことで、江戸時代には善光寺戸隠神社の参拝者が利用していたそうです。現在でも江戸時代後期から明治時代に建てられた寄棟(正面はかぶと造り)、茅葺(現在は鉄板で覆われている。)の古民家14戸や、青鬼神社、「向麻石仏群」、「阿弥陀堂石仏群」といった宗教史跡、石垣で囲まれている200枚の棚田、江戸時代末期に開削された青鬼堰などが良好に残されています。青鬼集落は当時の山村集落の景観が残されている貴重なものとして平成12年に集落と周辺地域南北約0.7キロ、東西約2.0キロ、面積59.7ヘクタールが重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。又、青鬼集落の背後にある棚田は平成11年に日本の棚田百選に選定されています。

 下記、長野県WEB観光案内所白馬村観光 HPの記事よりコピー
http://nagatabi.hariko.com/hakuba/ao.html



 

大出公園の近くから白馬五竜岳を正面に望む場所。 姫川の水量も雪解け水で多くなっているようだ。

Goryuudake

下の写真は、五竜岳の頂上付近に見られる ”武田菱の雪形” 部分を拡大したもの。
ご存じ武田家の家紋。

Yukigata





白馬村の大出公園から白馬三山を望む。 山はやや霞んでいるようだ。 朝日は昇っているが、平地にはまだ日陰の部分が多い。

Hakubamura_asa




長野オリンピックで涙と感動の舞台となったジャンプ競技会場はこの先にある。
正面は白馬三山の鑓ケ岳(2,903m)、右側は杓子岳(2,812m)、白馬岳(2,932m)
Hakubamura_jump



私のホームページも見てくださいね。 左側のリンク ~季節の風を感じて~ からどうぞ。
掲載作品を冬景色作品から春景色作品に入れ替えました。

« 雨の日に(ツバキ)2 | トップページ | 早春の安曇野(1) »

風景」カテゴリの記事

コメント

今日の写真もホームページの絵もすてきですね。信州は冬も夏もいい風景があり、うらやましいです。

tama さん

コメント ありがとう。
私のところから安曇野市までは、車で4時間半くらい、
かかります。 安曇野に惹かれるのは北アルプスと
田園とが作り出す風景、特に雪の殆ど無い地域に
住む私にとっての雪に対するあこがれがあると思って
います。

たかchanさん、こんばんわ

 一昨年の今頃の様子でしょうか。
まだ雪が残っていますが雪どけの
時期は、とてもいい感じがしますね。
 これくらい雪が融ければ、自動車
でも、大丈夫なのだと思います
 古い歴史と自然が残されていて、
よく調和されていると思います。

 。

 

のずちん さん

いつもありがとう。
白馬村は安曇野には入らないのかもしれませんが、
安曇野市からは一時間くらい北上したところです。
だんだんといい季節になって、行けれる日が待ち
遠しいこのごろです。(昨年は5月連休でした)

青鬼集落、素晴しいところですね!
日本の棚田百選に選定された棚田に、重要伝統的建造物群保存地区に選定された山村集落の景観・・・
そして「青鬼集落」のネーミングも魅力的です。東北地方の民話の里と言った感じがします。

~季節の風を感じて~ 拝見致しました。前にも書きましたとおり絵画には全くの無知な人間ですが詩情感溢れる素晴しい作品ですね。
自分はこういった自然に描かれた作風に惹かれます。

今晩は。
山間の早春らしい素敵な写真ですね。
今の時期だけでしか味わえない四季を感じる写真が多いので参考になります。

country walker さん

コメント ありがとう。
青鬼は、白馬村駅の周辺と比べると、かなり標高が高い
所にありますので、さすがに真冬には行けませんでした。 
(愛車は軽のワンボックス・エブリィ・2WDですから)
今の時期なら大丈夫ですよ。


ソングバード さん

ソングさんの絶妙な瞬間をとらえた写真とはとても
比較になりません。 一眼カメラは持てませんが
撮影技術を勉強したくなりました。

こんばんは
青鬼集落には行ったことがありません。
松本に住んでいるのにね。

冬の白馬も良いですね。
でも寒くて・・・根性出さなくちゃ!

rw さん

コメント ありがとう。
春の新緑の頃も、北アルプスの残雪との
コントラストがとっても素晴らしいですよ。 
一度お出かけください。 なんて、松本の方に
言うのは変ですよね。  毎日、北アルプスを
ご覧になっている方にね  (-_-;)   

こんにちは    今年は寒かったですが
このお写真の付近は 今年は雪がもっと深いでしょうか~
降雪量は 寒さとはまた別かも知れませんが・・

椿はまだ咲いているのですね~
主人が 「大島」に遊びに行くのですが 椿はもう終わっているかなあ
と想像していました  髪の椿油などのお土産、期待している所です

bella さん

ツバキの開花は種類によっても違うようですね。
絞り咲きはそろそろ終わりかけていますが、玉の浦は
今が旬のようです。 大島は暖かいでしょうから、
どうでしょう? また週末は雨になりましたね  (-_-;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/54230795

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の白馬村・青鬼:

« 雨の日に(ツバキ)2 | トップページ | 早春の安曇野(1) »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック