Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 雨の日に(ツバキ) | トップページ | 安曇野作品(早春編) »

2012年3月 9日 (金)

洋蘭の栽培(3)

洋蘭の栽培の3回目
室内用の小型ビニール温室にて

現在開花中のもので花数は9ケある。  毎年一番に開花する品種(品種名不明)で、すでに一月以上開花している。

Ran_14_3





株の全体の様子。  鉢から株があふれて姿がかなり乱れてきて株分けが必要だ。

Ran_10





下は開花したばかりの品種(品種名不明)。  
株の背丈15cm、花径は6cmくらいで愛らしい。

Ran_9




下の品種も植え替えの時に、名札が行方不明になってしまったもの。
花色の配色に特徴がある。

Ran_13



下の写真はデンドロビューム。 最近は手入れを怠ってしまい株数も減ってしまったので、先日ホームセンターで割引になっているものを購入した。 品種名は ”オリエンタル・スプリット・雅(みやび)”  
後方の緑は、左から、ドラセナ 、サンスベリア 、コーヒーの木。 コ ーヒーの木は高さ80cmくらいになった(はたしてコーヒーの実はいつか成るのか?)

Ran_11




Ran_12





前回の洋蘭の記事に紹介した ”バレンタイン” という、名前の品種は、残念ながら3株ほどに株分けしてあるが、どれも、今年は今だに ”つぼみ” が見えない (-_-;)  今年はダメか? 先日、ブログにコメントを頂き、 この花の正式な品種名が分かった。
”ソフロレリオカトレア・ ウェンディーズ・バレンタイン・ジューン” という。  通常は、”slc.ウェンディーズ・バレンタイン・ジューン” と略されるようだ。

シンビジュームは屋内に置き場所が無く、ここ数年、屋外での越冬になり、まだつぼみは固く開花はずっと後になりそうだ。

今年こそは、5月連休ごろに、水ゴケの交換や株分け、施肥をしっかりとやる予定だ。

« 雨の日に(ツバキ) | トップページ | 安曇野作品(早春編) »

庭・草花・樹木」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
またまた冬に逆戻りのようですね。
可愛い温室に綺麗な花沢山で素敵です。
温室の中だけは春・夏モード、お世話が大変でしょうけど、いい趣味ですね。

ソングバード さん

コメント ありがとう。
ここ数年はあまり世話をしなくて、枯らしてしまった事もあり、
株数は減っています。 熱意が薄くなっているようです。
次の冬の開花に備えて、今年の春には手をかけるつもりです。
今年咲きそうもない ”バレンタイン” を咲かそう  (^^)/

こんばんは!

昔、花好きの実母が(趣味が高じて)シンビジューム栽培のお手伝いをしていたことがありました。

ある程度の寒冷地であっても、ハウス栽培であればいいモノが出来るとか何とかと語っていた記憶があります。

bill さん

コメント ありがとう。
実はここ数年は、ビニール温室内の ”ひよこ電球 100W” も
節電のためにOFFしています。 確かに成長は悪いようですが、
何とか冬越しできればとの思いです。 
庭のスイセンもたくさん開花しています。

こんにちは   毎年咲かせるのは 我が家など大変なのですが、
ちゃんとお手入れなさっているのですね・・  ホーっと眺め入ってます

我が家は アロエの大株の花々に毎年メジロの番が 
何組もぶら下がるのですが、  確かに今年は少ないのです
ヒヨ君は 来るなと言っても ちゃんと来ますのにね~
昨日は やっと開きかけた梅の花を食いチラシそうになったので
ヒヨドリを 主人が追い払ってました~

bella さん

コメント ありがとう。
いえいえ、このところ洋蘭は本当に世話をしていません。
それでも咲いてくれることに感謝です。 ただ、中には
何年(10年くらい)もの間、全く咲かない品種もあります。
きっと、よっぽど居心地が悪いんでしょうね。 品種名は
 ”ジゴペタラム・クリニタム” と、舌がからみそうな名前で、
毎年、葉だけ見ています  (-_-;)  
こちらもところどころで、梅の花が開花中です。

洋ラン、美しい高価な花・・・のイメージです。
ハウスで栽培とは本格的ですね、自分も以前、祝い物として
立派な鉢を頂いた事がありますがその年だけで後は咲きませんでした。
美しく、高価で栽培が極めて難しい花・・・そのイメージだけが残ってしまいました。

country walker  さん

コチョウランとか大型のカトレアなどは確かに
高価な花ですが、私の場合は小型のカトレア
やまだ咲かない小苗ですから安価ですよ。
栽培の手間や管理は、たぶん盆栽のほうが
もっとたいへんだろうと思います。
経験では確かにコチョウランは低温に弱く、
少し難しい感じで、枯らしてしまいます。 (-_-;)

はじめまして、綺麗なシンビジュウムにデンデロニュウムですね(〃∇〃)みていてとても癒されます。私の母も蘭が大好きで、庭に沢山咲かせてます。ちょっとずつ増やすのが楽しいみたいで(笑)
あの、本当に申し訳なくいきなりで失礼しますが、ブリジットバルドーという品種をずっと探していて、なかなか見つからなくて…。母がどうしても欲しいらしく、どこに行けば手にはいるのかご存知ありませんでしょうか?

ミツエ さん

コメントありがとう。
すこしずつ株分けして増えていくのも楽しみですね。 
ブリジットバルドーは、20年以上前に、町の花屋さんの
店頭で見て、一目ぼれで購入した記憶があります。 
まだ元気に毎年咲いてくれますが、本当にあの女優の
ように愛らしい花姿ですね。 (メールもご覧ください)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/53846733

この記事へのトラックバック一覧です: 洋蘭の栽培(3):

« 雨の日に(ツバキ) | トップページ | 安曇野作品(早春編) »

カウンター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック