Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 洋蘭の栽培(3) | トップページ | 雨の日に(ツバキ)2 »

2012年3月13日 (火)

安曇野作品(早春編)

私の油彩画の中から 安曇野作品 ”早春編” と名付けてご紹介。
”早春” とはいっても名ばかりで、やはりまだ雪の残る風景のため、冬の雪景色作品とあまり変わらない   (-_-;)

「早春の木崎湖」  F6号

すでに凍っている水面は無く穏やかに佇む早春の湖。

Kizakiko_sousyun_f6

「待春木崎湖」  F10号

大糸線の駅「海の口」付近から見た木崎湖の北端、西側の風景。 
このあたりは木崎湖の東側岸辺近くを大糸線と国道148号線が通り、電車、自動車いずれの車窓からも木崎湖の広々とした景観が望める。 春を待ちわびているように、雪に囲まれひっそりとたたずむ集落が風情を感じさせる。

Kizakiko_matuharu_f10_9


「安曇野早春」  F6号

残雪を頂く常念岳、安曇野市穂高町牧、現在ここは「あづみ野公園」の駐車場として整備が進んでいる。
Asousyun_f6




私のホームページも見てくださいね。 左側のリンク ~季節の風を感じて~ からどうぞ。 (一部同じ記事内容もあり)

« 洋蘭の栽培(3) | トップページ | 雨の日に(ツバキ)2 »

自作品」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
いつもながらすばらしい。

安曇野の景色を求めて、のんびり旅をしてみたくなります。

bill さん 

いつも ありがとう。
また、今週になって冬に逆戻りのような感じですね。
昨日は温暖なこちらでも雪が舞っていましたよ。
週末には東京の展覧会に向けて作品搬入の予定です。
(展示の様子は4月に入ってから、HPとブログでUPの予定)

こんばんは

とっても素敵な作品!
うっとりしました。

たかchanさん、こんばんわ

 昔、海の口近くの大町で、休
憩をとった記憶があります。安
曇野周辺の山は、雪が遅くまで
残るのでは、ないでしょうか。
 新緑の頃は、人が賑わいは
じめ、とても良い季節でしょう
ね。
 

この3枚の絵 見て
静岡で描いている姿が目に浮かびます
こころ ここに有らず 離脱して風景の中に溶け込んでいる姿
見晴らしの良い農家の倉庫を借り上げて居場所を創ってはいかがですか
私は七面山に居場所を創っています
住居では有りません 考え方の問題です

rw さん
コメント ありがとう。
そちらは今日、明日とまた寒くなったでしょうね。
安曇野を訪問できる日を楽しみにしています。
(たぶん五月連休くらい?)


のずちん さん
いつもありがとう。
五月連休のころは、北アルプスの残雪と
田園の新緑、桜等 すばらしいコントラストの
風景が見られますよ。


菩素 さん
コメント ありがとう。
そうですね。 描いている時は本当に
絵の中の空間に入り込んで、絵の景色の中を
自分が歩いているような、そんな気持ちになる事が
あるんですよ。 その場所に自分がいるような ・ ・ ・。
特に、今描いている100号のような大作の場合は
そんな錯覚を起こします。

今晩は。
明るくて、まさに早春を感じさせてくれる絵ですね。
こんな絵はさすがに描けませんが、この場面を写真に撮ってみたいですね。
いい絵を見せて頂いて有難うございます。

ソングバード さん

コメント ありがとう。
今週は少し寒さが帰ってきましたが、そろそろ春の
兆しが見えてきましたね。 私の作品も冬景色から
だんだんと春景色へと切り替えていきます。 
近日中にHPも更新致しますので、そちらで春の
作品をご覧ください。

  安曇野って気持を穏やかにさせてくれる 所ですね。
  いつか きっと行きたいと思います。
  
  いつも絵を拝見しながら 木々や山の 光と影  
  どんなふうにすればいいのか見ながら頑張っています。
  
  今グァムのリゾート地にいどんでいますが
  どんな絵になりますやら・・・・・

こんばんは いつまでも寒いですね
いつもながらの ため息絵画です!

特に、6号でもこんな雄大な風景を表現できるのだなあと
勉強になりました  小さな画面でも 大きな画面でも
自在に対応なされるのが 凄いこと、と思いました~!

京都こまち さん

コメント ありがとう。
暖かくなったら、ぜひ安曇野へお出かけください。
特に5月は北アルプスの残雪が素晴らしいですよ。
安曇野市、池田町、大町市、白馬村と見どころ一杯です。
美術館もいろいろありますしね。


bella  さん

いつも、コメント ありがとう。
いよいよ来週、東京国立新美術館へ作品搬入です。
(時間切れで、やや納得できないままですが  (-_-;)
さて、私のHPギャラリーは冬から春の風景作品に
入れ替えましたので、ご覧ください。

いいですねぇ~  「早春賦」の調べが聴こえてきます。
たかchanさんの絵のなかへ、安曇野へ出かけようかと思っています。

蒼山庵 さん

いつもありがとう。 
一足早く、私のHPは春になりました。
時間がありましたら、左側のリンク 
~季節の風を感じて~ から ご覧下さい。

「いいね!」をありがとう。ブログを見せて頂きました。絵がすてきです。和歌山は雪景色が珍しいので、特に「待春木崎湖」が好きです。これからもよろしく。

tama さん

コメント ありがとう。
この後も、安曇野、白馬村の風景、庭の木々、草花等
そして私の作品の記事を掲載していく予定です。
バックナンバー、HPも含めて、見ていただけるとうれしいです。

はじめまして
今は南信州に住んでおりますが、2年ほど北信に住んでいました。雪国の生活は大変ですが、素晴らしい景観を思い出しました。snow

くらんぽん さん

コメント ありがとう。
南信は、「三遠南信」という名詞があるように、
私の地域ともつながりがあります。 
また、安曇野への通り道ですから昨年の春に、
駒ヶ根から伊那あたりまでを少し取材しました。  
これから南信の風景作品も描いてみようと
思っています。  よろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/54124630

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野作品(早春編):

« 洋蘭の栽培(3) | トップページ | 雨の日に(ツバキ)2 »

カウンター

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック