Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 安曇野作品(早春編) | トップページ | 早春の白馬村・青鬼 »

2012年3月18日 (日)

雨の日に(ツバキ)2

またまた、雨の日になった日曜日。
裏庭のツバキで、前回はまだつぼみだったツバキが咲いた。

品種名は ”玉の浦” 。

Tamanoura_b





花の開き方は、やや、つぼみぎみだ。

Tamanoura

”玉の浦” の解説

幻の椿 「玉の浦」は、ヤブツバキの一種で赤い花弁の縁を白い縁取りで包まれた清楚な一重の花をつける椿です。開花期は2月頃で、花の大きさは5cm前後です。
 この椿は、昭和21年に長崎県五島列島の玉之浦町の山中で発見されたと伝えられている。突然変異によるもので、椿の突然変異による変種の出現確率は数万本に1本といわれ、これの発見自体が幸運であったと言われています。
 昭和48年2月、長崎市で開催された全国ツバキ展で発表されたのを機に全国的に有名になり、その後、国際ツバキ協会に登録され、日本を代表する椿といわれるようになった。この「玉の浦」を品種改良したものには、必ず「タマ」をつけることになっており、現在7品種が紹介されています。  (長崎県五島市HP掲載記事よりコピー)


下の絞り柄のツバキは、先回、品種名が分からないという事だったが、どうも調べてみると、”絵日傘” というものだと思う。

Ehigasa



下の写真の先回  ”オトメ(乙女)ツバキ”  と紹介したものは違う品種のようで、改めて調査の必要がありそうだ。  今のところ ”候補は ”忍ぶ寺”  ピンクで小花というところが決めてだが、はたして?

Otome





それから、ツバキではないが このところ ”スイセン” が満開になってきた。 毎年春のお彼岸のころには満開になっているので、遅れはなさそうだ。

Suisen



以上、現在の裏庭の花でした。

« 安曇野作品(早春編) | トップページ | 早春の白馬村・青鬼 »

庭・草花・樹木」カテゴリの記事

コメント

たかchanさん、こんばんわ

 つばきの花が咲く季節になりました。
たかchanさんの裏には、たくさんの種類
の花がありますね。赤い椿は、玉の浦な
のでしょうか。スイセンも花開く季節にな
りました。
 春、花が開いて、秋に実る。草
木にとっては、また1年が始まりますね。

 

花木類では、ロウバイ、サザンカはほぼ終わり
かけていますので、今月はツバキですね。  
我が家では、この後、4月に入って、ハナミズキ
の赤と白、ユキヤナギ、レンギョウ、ニワウメ、
ハナズオウツツジ、ドウダン、サツキ、クチナシ、
ヤマボウシ、ヤマブキ、ジャスミン、ボタンと続きます。 
手入れと草取りに忙しい時期になります。  (-_-;)
 

玉の浦 良いですね
暫らく描いていなかった挿絵 描いて見ます
3粒位種が出来たら貰えませんか
1粒 実家に撒いて見ます
2粒は木彫の板に胡桃に混ぜて塗りたいなと思ったのですが。。。
我中ですみません

菩素 さん

コメント ありがとう。  種ができたらさしあげますよ。
ただ、下記の URLの記事の中に、
 ”種を蒔いては、育てて、花は咲きましたが、
同じ花ではありませんでした 云々” の内容が記されていました。
しかし、やってみなければわからないとも思われますので、お楽しみに。

http://homepage3.nifty.com/shirakobato-network/log/20090320_4.html

ツバキの写真がきれいですね。特に、玉之浦が気に入りました。私も先月購入して植えているのですが、きれいな白覆輪が出ませでした。写真で楽しませてもらいよかったです。

ツバキを沢山育てているのですね。
2~3月と花の少ない時期に咲く花木は
育てたいものですね。我が家にはありません。( ^ω^ )

tama さん

コメント ありがとう。  苗木はホームセンターや通販でも
購入はできますが、やはり少し成長するまでは、なかなか
花付きが良くないようですね。
数年もすれば、きれいに咲くようになると思いますよ。

里山通信風の中さん

コメント ありがとう。
やはり春と違って冬は草花が少ないですからね。
そんな中で、サザンカからツバキへと晩秋から
早春の間に咲いてきますので明るい感じには
なっています。

描いてブログにUPしました
気にいらないかなー
本物見てないから 言い訳が先

こんばんは
上品な椿ですね。
水仙、こちらではまだ見ていません。
今年は寒いです。

rw さん

コメント ありがとう。
一般的なヤブツバキの真紅の色もいいですよね。
そんな中にあって、確か、10年以上前に
種苗会社の通販で小苗を購入したと記憶しています。
咲くまでに時間がかかりましたが、今では樹高も
2m以上になっています。

つばき”玉之浦”は、とても肉感的に見えますが、普通の椿と違う種類でしょうか?(絵を描かれる方の画像は、切り取り方がとても素敵 違った花に見えます。)
まだ信州は花の気配もありません。でも、咲くのを楽しみにする花です。

くらんぽん さん

コメント ありがとう。
玉の浦はヤブツバキの一種ですが、 記事の中の
 ”玉の浦の解説” にも書いたように、突然変異で
できたもののようですね。 (通常は交配によって
新しい品種を作りだす)
春の信州は魅力満載で早く出かけたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/54250778

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日に(ツバキ)2:

« 安曇野作品(早春編) | トップページ | 早春の白馬村・青鬼 »

カウンター

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック