Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

信州・白馬村(きらめきの中で)

冬の信州・白馬村のスケッチ取材からの2回目  今回は、”きらめの中で” 
(今週の後半は3月に入るので、雪景色シリーズはこれで最終の予定)

先回のブログで、誰かさん(ウサギのよう)が姫川の河原近くの雪の上に足跡を残していた。 私には雪が膝まであり、長靴でも到底、河原へは行けなかったが、少し山へ登った所にある休憩所へは誰か(人)の足跡が続いていたので、その足跡をたどりながら登り、撮影したのが下の写真。残念ながら白馬三山は雲がかかり見えない状況だが、さすが ”絵になる風景” の大出はすばらしい。 
後日、F80号の油彩画に描いて東京の展覧会に出品した。 
(私のホームページのギャラリー2 に作品写真を掲載している)
Ohide_kouen






下の写真はいずれも、大出の近くからのもの。
 ”姫川” の背景は 白馬さのさか、五竜岳方面。
Himekawa




姫川の下流方面を見る。 このすぐ下流に大出公園がある。

Himekawa_2





川面に輝く冬の日差しがまぶしい。
Himekawa_3





陽光にきらめく木々が美しい!。

Kirameki_1





Kirameki_2





下の写真は、半分、雪に埋もれた ”道祖神” 
春が待ち遠しくて顔を出したのか。 (白馬ハイランドスキー場の手前にて)
Dousojin




宿泊した、白馬村エコーランドのペンション「おもちゃ箱」 前の様子。

Pensyon_mae


近くの「三枝美術館」へ行ったが、お客さんは私以外、誰もいなかった。
以上、白馬村でした。今年は、もっと雪が多いかもしれませんね。
この冬は残念ながら安曇野へは出かけられませんでした (-_-;)

私のホームページも見てくださいね。 左側のリンク ~季節の風を感じて~ からどうぞ

2012年2月24日 (金)

安曇野発「北帰行」

本日は、2月24日(金)の中日新聞(静岡県西部版)の朝刊の1面記事から、
安曇野発「北帰行」 

写真は新聞掲載写真のコピーで、撮影場所は 御法田遊水池で と記されているので背景は有明山と思われる。

Hokkikou_1


新聞掲載の記事によると、
安曇野市の犀川一帯で越冬していたコハクチョウが、シベリアに向けて飛び立つ「北帰行」を始めた。 「アルプス白鳥の会」によると16日以降、越冬しているコハクチョウが徐々に減りはじめ北帰行と判断した。 ピークは3月上旬ごろとの事。

自然の摂理なのか、気候に任せ自由に国境など関係なしに行き来する野鳥。 自由にとはゆうものの、そこは自然の厳しい環境の中、常に危険と隣合わせの毎日のはず。 自然に逆らわず共存する生き物と、自然を破壊して豊かな生活を手に入れたと思い込む人間。 そんな中で昨年の大震災では自然の力の前になすすべもなかった。
「本当の豊かさとは何だろうか?」  
私の住んでいる地域の浜名湖に越冬している ”カモたち” も、北帰行を始めたのかな  ・ ・ 。

今日は番外編でした。

 

2012年2月19日 (日)

信州・白馬村(どちらさま?)

この冬はなかなか休みが取れず、安曇野へ出かけられそうもないので、
数年前の冬、立春のころに訪れた信州・白馬村のスケッチ取材から。

 ”どちらさま?”

下の雪原上の足跡は、誰のものだろう? 
場所は ”絵になる風景” として、絵を描く人にはスケッチポイント、カメラマンには撮影ポイントとして名前が知られる、白馬駅の東にある大出公園。
姫川の河原に向かって足跡が続いていた。 誰か水を飲みに降りて来たのか。

Asiato_1



下の写真は、川岸から山の手側に続いていた足跡。  
こちらは上の足跡とは違うようだが。 
はて、こちらは誰だろう、誰の足跡か?、分かる方、いらしたら教えてください。
Asiato_2




朝日が昇った頃の大出公園の様子。 まだ、このあたりは山の影になっている。
雪の中に茅葺き屋根の家、吊り橋、姫川と、本当に ”絵になる風景” の場所だ。 
冬は殆ど訪れる人もいなくて、静かに佇む雪国の情緒を感じる。 
このあたりで積雪は膝のあたりまであった。 長靴は必須だ。


Ohide

吊橋を渡って村の中の道を少し歩いてみた。

Hakubamura

 

白馬村の道路上の ”マンホール” のフタのデザイン。 
”カタクリ” の花と ”白馬三山” だ。

Futa

白馬駅の東側の雪原にて、
左側の赤い軽自動車 スズキの ”エブリィ” これが私の愛車だ。
もちろん スタッドレス・タイヤ装着でタイヤチェーン携行している。 
しかし ”2WD” なのが非力! (-_-;)  望むは ”4WD” か!

Hakuba_setugen



次回も、白馬村の風景をご紹介。

私のホームページも見てくださいね。 左側のリンク ~季節の風を感じて~ からどうぞ。

2012年2月12日 (日)

15年以上の時を経て

節分、立春も過ぎ2月も早、中旬になろうとしている。
今日は、上の娘が孫を連れて遊びに来た。 車で10分くらいの所に住んでいるので、いつもの事ではあるが、今日は、孫のお雛様は親王2人だけの卓上型のために、娘の段飾りのお雛様を出して飾ることになった。 しかし、押入れの天袋に片づけたまま、もう15年以上は経過していると思われる。 どんな状態になっているのか心配な気持ちになった。 やはり、物置に入れておいた ”毛氈(もうせん)” はネズミがかじったのか、ところ処に穴が開いていた。 さいわい天袋内の ”お雛様達” は何とも変化はなかった。 さっそく雛段を組み立て、娘と孫も一緒になってお雛様や小道具を飾っていって、一時間ほどで出来上がった。

Hinakazari_5
孫が下段にある、お雛様の小道具でいろいろと遊び始めた、そして鏡台の引き出しを開けたところ、びっくり!。 引き出しの中から出てきたものは、なんと ”リカちゃん人形のハンドバックや首飾り、そしてパンツ(下着)まで” 、それは、たぶん娘が子供の頃に ”ままごと遊び” で お雛様の鏡台の引き出しに入れて忘れ、そのまま出さずに片づけてしまったものだろう (-_-;)  なんと15年以上もそのまま、押入れの天袋にしまわれていたのだ。 15年以上の時を経て、それが孫の手によって見つけられるとは、なんともおもしろい話だ。 

下の写真は ”ミニ雛飾り” だ 中央から上のお雛様の三角部分が手前に折れ曲がり、千代紙を貼った四角い紙の箱になるというもの。 やはり15年以上前に、京都の通販会社から2人の娘に一つずつ購入したもので、下に2段の引き出しがあり、ここにたぶん ”京菓子” が入った商品だと記憶している。 15年の間、本物のお雛様を飾らなかった時に、この ”ミニ雛飾り” は毎年、出していた。
これは玄関の下駄箱の上に ロウバイの花と一緒に飾った。

Mini_hinakazari


次の写真は、市内の文化祭で展示販売されていた、どなたかが趣味で作られた、色紙の ”お雛様” を購入したものだ。 お菓子の箱を台にして、贈答品の箱の中仕切り紙で金色のものがあったので、金屏風に利用してみた。 これも手軽な為に、上記の ”ミニ雛飾り” と共に毎年、出して飾っている。 こちらは、テレビのサイドボードに飾った。

Kami_hinakazari

きっとまた、来週も孫たちは、お雛様を見に来る事だろう。

2012年2月 7日 (火)

郷里の絵画展終了

先日、開催されていた郷里の絵画展 「2012 新城美術協会春季展」 が終了した。
今回は出品者数 40数名、展示作品数 70数点で、 油彩、水彩、アクリル、日本画、
オブジェ、彫刻(木彫り)、版画 と多彩な種目が展示されて、見ごたえのある展覧会だったと思っている。

会場入り口付近に展示された私の作品。 中央の風景画 「安曇野代掻きの頃」 F100号  詳細は私のホームページ (左側のリンク ~季節の風を感じて~ 内のギャラリー5を参照) 

Bikyou_tenji


下の写真は小品で、中央は私の作品 「安曇野春黎」 P8号 詳細は上記同様に私のHP内 メモリーギャラリーを参照。

Tenji_5
風景、静物、人物等の具象画、および抽象画もたいへん多く、多様な作品で楽しむ事ができた。

下の写真は、会場の新城文化会館正面の様子。 雨が降り出しそうな天気だ。

Bunkakaikan_mae


会館前の広場北側の土手には、数日前に降った雪が溶けずに残っていた。
ここは、私の住む浜名湖西岸から車で一時間ほどのところであるが、内陸性なのか気温は少し低いようだ。 

Maeniwa_yuki


夕方の作品搬出まで時間があったので、運動がてら近くにある 「県立桜淵公園」まで散歩をする事にした。 
この公園は公園中央を流れる ”豊川” の両岸に桜の木がたいへん多くあり、春には美しい桜の花を見せてくれる。 
こちらの新聞では 「三河の嵐山」と、たとえられ、大袈裟なたとえに少し恥ずかしいくらいだが、確かに、豊かな川の流れと両岸にある多様な木々と、非常に高低差の大きい変化にとんだ地形から、そう思えない事も無いと思ったりもする (-_-;)

下の写真は川の両岸を結ぶ赤い塗装の吊橋だが、この時は橋の写真を撮らなかったのでパンフレットの写真を引用した。 
(桜が咲く、3月末~4月初旬のもの)

Sakurabuti


このつり橋の上から見た、上流側と下流側の風景が次の2枚の写真。

上流側の風景。 
上流には、「長篠の戦い」の舞台になった「設楽原」がある。 現在、第2東名高速道路の新城 IC 等の工事も進んでいる。
このあたりは川の流れも大変穏やかで、水深はかなりありそうだ。
私が子供の頃は、よく、この両岸の岩に登り、上から川に飛び込んだり、泳いだりした。
灰色に見える木々は全て桜の木で春には一斉に花開く。

Toyogawa_1


下流側の風景。 
下流には「姫街道」、三大稲荷のひとつ「豊川稲荷」のある豊川市になる。
中央の山は「本宮山」でふもとには、「本宮の湯」という温泉施設がある。

Toyogawa_2


春には花見の観光客や、上の写真の右側の岩場奥にある貸ボート(手漕ぎ)がたくさん川面に漕ぎ出して賑うが、今は、冬という事で公園を訪れる人も無く、すれ違う人は犬を連れた散歩の人ぐらいだった。自分の歩く足音しか聞こえないくらい静かで、ひっそりとしていて不思議な雰囲気に少し戸惑うくらいだ。

岸辺に ”カモさん” がいるのを見つけて、写真を撮りに近づいたら、みんな背中を見せていそいそと水辺にむかって動きだした。 「何もしないから、安心して!」と、思ったが、”カモさん” は危険を察知したのか、みんな川面に泳ぎ出していった (-_-;)

Kamo

懐かしい子供の頃の遊び場に出合い、しばし、遠い記憶に遊んでしまった。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

カウンター

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック