Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 安曇野風景作品 雪景色(1) | トップページ | 雪の朝(1) »

2012年1月20日 (金)

安曇野風景作品 雪景色(2)

安曇野風景作品の雪景色。 前回に続いて池田町の風景から2点。

初めの作品は、池田町立美術館(北アルプス展望美術館)前からの風景で、夜明けのころの後立山連峰を望む。 
手前は美術館への進入道路。

「安曇野春黎」 P8号

Azuminosyunrei_p8

季節は2月初旬の立春の頃。 雲ひとつなくきれいに晴れた夜明けの空に、ピンク色に染まる雪山が美しい。 ほんの数分しか見られない刹那の時。 この瞬間に出会いたくて寒さの中で待っていた。 

次の作品は、

「安曇野新春」  F30号

A_sinsyun_f30

場所は池田町立美術館から少し南へ行ったところで、少し高台に登った場所。 正面には常念岳が雪の山頂のみ見える。 
朝早い時間のため手前側は東の山で日陰になっている。 現在では田園は碁盤の目のように整備されていて、 「山下大五郎」画伯が描いた頃のような不定形の田が作るおもしろい造形は見られない。 それでも広々とした安曇野の雰囲気は十分感じられる構図だと思う。

私のホームページでも作品を掲載しています。 左側のリンク ~季節の風を感じて~からどうぞ。 

« 安曇野風景作品 雪景色(1) | トップページ | 雪の朝(1) »

自作品」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
私のブログにコメントありがとうございました。

いつも安曇野にいらしているんですね。
松本もお寄りくださいね。

こんにちは。
さぼこさんのブログから来ました。
きれいな風景画ですね。
私も絵をアップしています。
安曇野。
日本人共通の故郷がある場所というのを、何かの本で読みました。

donnkii さん

コメントありがとう。  donnkii さんのブログ拝見しました。 ペン画の作品、デッサンがしっかりしていてすばらしいですね。  ときどきブログ訪問させていただきます、よろしく。 

  お寒うございます。  安曇野2もいいですね。 豪雪地帯の方々は大変でしょうが
  雪景色はいいですネ
  北海道の美瑛の夕暮れ時の景色もうっとり見入ってました。
  私 今腰を痛めて長く座ってる事ができません。  またゆっくりおっじゃまいたします。

京都こまち さん

コメントありがとう。 腰を痛められたとか、PCをするのもたいへんでしょうね。
季節がらお体ご自愛ください。 
私は先日、春の東京、国立新美術館での展覧会出品前の下見会(批評会)が名古屋でありました。 後、2ヶ月で100号作品を仕上げという事で奮闘中の毎日です (-_-;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/53753208

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野風景作品 雪景色(2):

« 安曇野風景作品 雪景色(1) | トップページ | 雪の朝(1) »

カウンター

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック