Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 洋蘭の栽培(2) | トップページ | 安曇野風景作品 雪景色(2) »

2012年1月15日 (日)

安曇野風景作品 雪景色(1)

安曇野風景作品から雪景色作品をご紹介。

今回は池田町の風景から2点。初めは花見神社付近からの風景で、
「蓮華岳遠望」 F4号Rengedake_f4_3朝早い時間の風景で、まだ手前の東山の影になる所は日陰になっている。
中央が蓮華岳(2799m)、左側は餓鬼岳、右側は後立山連峰に連なる。

次は滝沢神社の下の道から大町方面を見る風景で 「安曇野待春」 F10号Amatuharu_f10_2正面は後立山連峰で、左から爺が岳(2670m)、鹿島槍ヶ岳(2889m)、五竜岳(2814m)で、さらに右側は白馬三山へとつながる。 この場所は安曇野を愛した「山下大五郎」画伯も多くの作品を残しているすばらしい風景の場所で、私も安曇野を訪れるときは必ず一度は立ち寄る場所だ。

次回も安曇野風景の雪景色をご紹介予定。

« 洋蘭の栽培(2) | トップページ | 安曇野風景作品 雪景色(2) »

自作品」カテゴリの記事

コメント

  なにをやっても超一流すごい!!
  安曇野からも立山連峰が望めるんですね。
  主人は立山のおひざ元の生まれです。立山っていいですよネ

はじめまして、「森のみち」さんからきました、池田町の住人です。
多くのみなさんに池田町を発信していただき、とても嬉しく思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

京都こまちさん

コメントありがとう。  さわやかな安曇野の空気感が表現できていればと思うのですが、なかなかいつも思うようには描けません。 安曇野から見える後立山連峰は、富山側から見る立山連峰に対して黒部川の東側に連なる山群で、文字通り立山連峰の背後にある事を意味しているそうです。

ikedanochohcho さん

コメントありがとう。 安曇野をスケッチで訪れるようになってから、10数年になります。 その中でもやはり北アルプスを望む風景となると池田町が一番ですね。 最近は冬景色の作品を多く手掛けています。 ホームページもありますので見てください(作品はブログのものとダブって掲載されていますが) 左側のリンク ~季節の風を感じて~ からどうぞ。

安曇野の清澄な空気感、かつて山行で多く入った後立山の山々―― 素晴らしい油絵をありがとうございます。 次回も楽しみにしております。

蒼山庵 さん

コメントありがとう。 私も ”信州・浅間山麓から” をいつも楽しく見させて頂いています。 

こんにちは~  安曇野の雪景色、いつもながら
どうしたらこんなに素敵に描けるのかしらと 見入りました
日陰の雪と 日向の雪と 気温差までわかります

三越での荻須展に行ってきましたが、皮肉なことに
パリの街角より、壺に飾った花の絵 3点が頭抜けて
素晴らしかったです!

bella さん

コメントありがとう。 次回も安曇野の雪景色の予定です、お楽しみに。 
荻須高徳画伯のパリの街角は油絵らしいオーソドックスな描き方ですばらしいですが、自画像、コーヒーミル、花等の作品も画集で見た事があります。 同じように個性が出ていますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/53745359

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野風景作品 雪景色(1):

« 洋蘭の栽培(2) | トップページ | 安曇野風景作品 雪景色(2) »

カウンター

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック