Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« お正月の準備 | トップページ | 洋蘭の栽培 »

2012年1月 3日 (火)

近くの岩山 ”立岩”

2012年、第1回目のブログ。

私の住んでいるところは静岡県だが、西に1kmも行かないうちに愛知県という県境だ。 近くのJR東海道線の新所原駅のホームの中央付近にも県境の表示がある。 この駅からすぐ西に下の写真の岩山があり、山の麓から南側に突き出すように立っている。 その姿から ”立岩” (たていわ)と呼ばれている。 (掲載写真は本日2012.1.3 AMの様子)

Tateiwa

 そして、すぐ前の道路をはさんで南側の畑の中にも大きな岩がある(下の写真の手前)、きっとこのあたりの地面のすぐ下は岩でつながっていると思われる。 

Tateiwa_maeiwa_2

余談だが、
この岩山のすぐ下にある喫茶店の名前は ”立岩” 、近くのパチンコ店も ”パチンコ立岩” という名前だ。 

Tateiwa_kissa_2



 天候の良い休日などには、この切り立った南面を登っている人を時々見かける。(ロッククライミング?)  私には到底ここを登る事はできないが、岩の裏側(北側)は山麓につながっているので、裏側からなら登れるのではないかと思った事があるが、いまだに実行はできていない。 下は山頂付近の拡大写真

Tateiwa_up

その姿は見る場所により変化して、いろいろな表情を見せてくれる。  地元の人たちにとってはたいへん親しい風景の一部になっている事と思う。  いつの時代からこの岩山がここにあったかは分からないが、きっと大昔からこの姿であったであろう事は想像できる。 ここは東海道の二川宿も近いので、おそらく東海道を行き来した昔の人々も、この岩山を眺める事ができたのではないかと思われる。 どんな思いで見た事だろうか。 東から来た人は「もうじき二川宿だ」と思い、西からの人は「次は白須賀宿で汐見坂(潮見坂)から海(太平洋)が見える」と思った? そう思うとなにか歴史の奥深さを感じざるを得ない。 

下は東側(静岡県湖西市側)から見たもの

Tateiwa_higasikara_2
下は西側(愛知県豊橋市側)から見たもの

Tateiwa_nisikara_3

-------------------------------------

ちなみに、ここには ”立岩神社” という神社があり、”立岩” はその ”御神体” という事で、神社の前と立岩の基部に豊橋市の名前で「クライミング施設ではありません。」と書かれた看板がある。 (現在はまだ、立ち入り禁止にはなっていないそうだ)

神社入口の写真(立岩は山頂部分のみ見えている)

Zinzya_0

Zinzya

”キツネ” が一対、出迎えてくれる。

Zinzya_1

上の写真の拝殿の奥にある ”奥宮”? この背後に大きな岩山が見える。

Zinzya_3

Zinzya_4
こちらは、”狛犬” だ。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

私のホームページもブログ左側のリンク ~季節の風を感じて~ から見てくださいね。

« お正月の準備 | トップページ | 洋蘭の栽培 »

風景」カテゴリの記事

コメント

初めまして マイ画廊にコメント頂いた 京都こまち です。
 私 まだまだ不慣れでp・cが うまく扱えません。  昨日息子が
 帰って来ましたので 教えてもらいながら ブログを見せて頂きました。
 すてきな所にお住まいですね。 あのロケーション・・・・私大好きなんです
 田舎育ちなもので目の前がおおわれるのは息が詰まりそうで 笑
 
 絵画も 写生ではなくデザイン化したような物とかが多いです。
 また ブログにものせますので 見てやってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/53570344

この記事へのトラックバック一覧です: 近くの岩山 ”立岩”:

« お正月の準備 | トップページ | 洋蘭の栽培 »

カウンター

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック