Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 初冬安曇野(1) | トップページ | 初冬安曇野(3) »

2011年12月 3日 (土)

初冬安曇野(2)

初冬安曇野の2回目

安曇野は晩秋から初冬へと季節が移り変わりつつある。 すでに10年ほど前になるが、一度だけこの12月初旬に安曇野を訪れた事がある。 豊科町の常念岳を正面に望む田園の中の、水路近くの道端でスケッチをしていたら、近くにある小学校から先生と生徒10人くらいが散歩に出かけてきた。 私が「すばらしい景色ですね。」 と先生に話しかけたら、「私たちにはいつも見慣れてる風景だからあまり気が付かないけれど、この子らにはこの風景の素晴らしさを、いつまでも忘れないでいてほしいと思います。」 そう話す先生の脇で子供たちは楽しそうにはしゃぎ廻っていた。 あの時、一年生だったあの子供たちは今は高校生になっているだろうと思うと、長い時間が経った事を感じざるを得なかった。初めて安曇野を訪れてから10年以上が経過している。 自分の絵は果たして成長しているのだろうか? すばらしい風景に出会った時の感動を、素直に表現できる絵になっているのだろうか?。 と考える。 下の写真は、この子供たちと出会った場所の風景である。 すぐ前を大糸線の列車が通って行った。 常念岳はすでに初冠雪を迎えていた。 

Toyosina_nite

下の写真は池田町の市街地東側の山麓にある「滝沢神社」の下の道から北の方角を望む風景。 左側に蓮華岳、中央に後立山連峰の爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、さらに右側に白馬三山と大パノラマが広がる、すばらしい景観の場所だ。  もうじき、目の前の田園も白い雪景色になるだろう。

Takizawa_sitakara
私のホームページも見てくださいね。 左側のリンク ~季節の風を感じて~ からどうぞ。

« 初冬安曇野(1) | トップページ | 初冬安曇野(3) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

新しい絵と ギャラリーの方と拝見しました
一瞬、お写真を見ても絵と 思ったりしてしまいました

雪景色は 取材が大変でしょうね。  でも美しい絵を
描かれるには それなりの苦労も付き物でしょうか ・・・
これからの季節は 厳しくも ビッグチャンスの季節でもありますね

また 素晴らしい作品を 描いて 見せてくださるのを
楽しみにしています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/53255426

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬安曇野(2):

« 初冬安曇野(1) | トップページ | 初冬安曇野(3) »

カウンター

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック