Tir na n'Og

  • 左上のボタンで音楽のON,OFFができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 年越しの紅葉 | トップページ | お正月の準備 »

2011年12月29日 (木)

庭いじり(3)

庭いじりの3回目。

先回の「庭いじり(2)」では「つくばい」について書いたが、「つくばい」というと、対になるものとして「燈籠」が必要になる。 前庭の溶岩風の「つくばい」を購入した後日、下の写真にある「燈籠」を購入する結果となった。 これは園芸店の庭園資材コーナーで見つけたものだ。 やはり「燈籠」にもいろいろと形がある。 一般的な 六角雪見形、織部形、岬形、玉手形、それから永徳寺形、蓮華寺形、道明寺形、また、お寺等によく見かける背の高い 春日形 等 種類も多いが写真のものは「織部形」である。  燈籠の多くは御影石を加工したものが多いが、石の色により一般的な白色の ”白御影”、 錆(さび)色の ”錆御影”があるが、これは「錆御影」。

Tourou          

ちなみに御影石は花崗岩で、兵庫県六甲山麓の御影地方が山地として有名だったことから、花崗岩の総称として用いられるようになったそうだが、最近では中国産のものが多いということである。

「つくばい」同様に、この燈籠も庭に設置後、数年を経て石の表面がカビというか汚れてきて、だんだんと新しさが無くなり落ち着い雰囲気になり、回りの木々と溶け合うような状態になってきた。

Tourou_tukubai

上の写真は12月上旬の前庭の様子だが今年は紅葉が例年より遅い様子だ。 左側は ”ハナミズキ”、手前の小ぶりの株は ”ドウダン”、中央は ”モミジ”、黄色の花は ”ツワブキ” 。 木々の紅葉や地面に落とす影の長さや大きさ、草花の花が咲くといった前庭の変化で季節を感じることができる。 幸せな空間だと思う。

« 年越しの紅葉 | トップページ | お正月の準備 »

庭・草花・樹木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580114/53350807

この記事へのトラックバック一覧です: 庭いじり(3):

« 年越しの紅葉 | トップページ | お正月の準備 »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック