Esperanza

  • 左のボタンで音楽のスタート、ストップができます。

ブログパーツ

無料ブログはココログ

2018年6月16日 (土)

安曇野・白馬村取材から(3)

安曇野・白馬村取材の続きです。   
一日目の取材も白馬村、小川村、美麻村と廻り、大町市に戻って来ました。  大町市の郊外から、後立山連峰(左は爺ヶ岳、右は鹿島槍ヶ岳)がを見ながら、さらに南下して池田町に入ります。

後立山連峰(大町市郊外から)

Dscb05653




Dscb05657tori
池田町・堀之内あたり
ここから「大峰高原」に登ります。



大峰高原にはNHK・Eテレ教育番組 「いないいないばあっ!」 の中で歌われた「七色大カエデ」 があります。  今は緑一色です。

Dscb05659

♪ カエデの木のうた ♪   作詞:三浦徳子 作曲:つんく 

~僕の背の何倍も大きなカエデの木   僕が大きくなったって追い越せないよ~
と歌う  うーたん、ワンワン です。

106409491




Dscb05660
こちらは 「中カエデ」かな。



Dscb05666




Dscb05674
「カミツレ」って何だろうと思ったら、「ジャーマンカモミール」の事でした。   カモミールはハーブの1種で、ハーブティー、ポプリ、入浴剤の他、生薬としても使われるようです。


ジャーマンカモミールの花

Photo



それにしても、5月中旬と言うのに真夏日のような暑さ。  道の駅 「寄って亭・松川」に寄りアイスコーヒーで一休み。   カウンター席からは有明山が見えます(信濃富士と呼ばれています)

Dscb05675



これで初日の取材を終えて、安曇野市の穂高有明にある日帰り温泉入浴に入りました。  15年間の間、いつもお世話になった温泉施設「しゃくなげ荘」がリニューアルされて 「しやくなげの湯」となり、初めての利用でした。




2018年6月 9日 (土)

安曇野・白馬村取材から(2)

安曇野・白馬村取材から の2回目
5月16日、早朝は恒例の白馬村を見たので、今回は18年目の訪問の中でまだ訪れていなかった小川村、美麻村(現在は大町市に編入)に廻ってみました。


白馬村の大出公園から406号線で長野市・鬼無里(きなさ)を目指します。 行けども行けども山の中、少し不安になりましたが峠から振り返ると、北アルプス(後立山連峰)が見えました。  左から爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳。

Dscb05537




Dscb05547
鬼無里に入り県道36号線に入ろうとしたら、道路工事で通行止め ガ~ン! 迂回路を見逃してしまって、ガソリンも残り一目盛りを切って益々不安に。  丁度、見かけたガソリンスタンドで給油しながら迂回路を聞いて一安心。  迂回路の山の上から振り返ると「戸隠山」かな、写真で見た事のある山が見えました。




小川村に到着。  少し霞が掛かっていますが素晴らしいパノラマが広がります。 いつも見ている所よりはかなり離れた位置から見る北アルプスも新鮮な感じがします。

Dscb05570_2




Dscb05587



小川村を後にして、美麻村(現在は大町市)にある中山高原に向かいます。

Dscb05590tori




中山高原に到着です、きれいな菜の花畑が広がっています(入場料は無料です)

Dscb05592




Dscb05596
5月16日ですが、菜の花の見頃はGWの頃だったようです。  近くで見ると菜の花はもう終わりかけているのが分かります。



GWの頃に見れば最高の菜の花と北アルプスが望めたと思われます。  この後は「菜の花」から「蕎麦の花」に代わり、真っ白い風景が見られるようです。  北アルプスは左から爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳。


Dscb05600




Dscb05614
ここはNHK連続TV小説「おひさま」のロケ地だったんですね。  記念碑が立っていました。



「鹿島槍ヶ岳」と菜の花

Dscb05625




5月下旬と言うのに真夏日のよう。  あまりに暑いので園内にあるカフェで一休み。  トッピングで載っていた蕎麦の実が美味しい。

Dscb05628



この後は大町市街から北安曇郡池田町に向かいます。

2018年6月 1日 (金)

安曇野・白馬村取材から(1)

6月に入りました。  先月下旬に長野県の安曇野・白馬村方面の取材に出掛けました。  すでに出掛け始めてから18年目になりますが、今回は初めて訪問する場所が何箇所かあります。  それは次回にご紹介するとしてまずはいつもの場所から。


例のごとく、前日の午後に浜名湖畔の湖西市を出発して、中央道、長野道を通り夜中に安曇野ICの手前にある梓川SAに到着して翌日の朝まで仮眠しました。  いつもの事ながら長距離のトラックがエンジンを掛けたまま休憩、仮眠をしているので騒々しいのは昔と変わりません。


AM 4:40  早く起きて活動開始。  まずは、いつもの道祖神に挨拶をしました。 

Dscb05444




Dscb05447
常念岳が霞んでいます、まだ、残雪に間に合った。




AM 5:51  中綱湖畔で。   早朝は風が無いのできれいに水鏡が見えました。  桜の時期は過ぎましたが、開花の頃にはカメラマンが湖畔にひしめき合っている場所です。

Dscb05460




Dscb05464
釣りをする人は早起きです。




AM 6:42  白馬村に入りました。  白馬連峰がきれいに見えます。  GWの頃は川をまたいで「鯉のぼり」がたくさん泳いでいる場所です。

Dscb05474




Dscb05476
左端に長野オリンピックで活躍したスキーのジャンプ台が見えます。



AM 7:00  お気に入りの場所で記念写真を。  ぎりぎりセルフタイマーに間に合いました
 (^-^;

Dscb05486_2_2




Dscb05508
AM 7:28  大出公園に到着しました。  桜のシーズンにはカメラマンや絵を描く人達で一杯のこの場所も誰もいません。   これから出かけて来るのかもしれません。



ズームしてみると迫力で雪山が迫ってきます。  中央は白馬三山の一つ「白馬鑓ヶ岳」

Dscb05523




Dscb05525
五竜岳、頂上付近の雪形「武田菱」もまだなんとか見えます(拡大した様子は次の画像)




Dscb05528



次回は、初めて訪れた小川村、大町市美麻の中山高原をご紹介します。

2018年5月14日 (月)

裏庭の物置解体、撤去

裏庭にあった6畳のプレハブ物置が老朽化し、倒壊寸前の状態にありずっと放置してあっので、思い切って取り壊し、跡地を裏庭としてリニューアルする事にしました。  今回は物置の解体から撤去までの様子です。


業者に物置の解体、廃材撤去の見積もりをしたら、¥10万+消費税 との事。  予算オーバーなので全て自分で取り壊すことにしました。  3月上旬、少しの不安を抱えながら解体に着手しました。

まずは、窓、ドアの撤去から。

Dscb02913




Dscb03600
屋根に昇ってトタン剥がしを行いました。  たくさんの釘が使ってあり、1本づつ抜いていきます。   トタンの下には断熱材が入っています。


トタン剥がしが終わると次は天井ユニットの解体ですが、これがたいへんな作業でした。  とても長い 10cm 以上の長さの釘でしっかりと天井の構造材に打ち付けてありました。

Dscb03601




Dscb03602
何とか、天井ユニットの撤去が終わり、続いて痛みの激しい後ろ側の壁ユニットの解体を始めました。


壁ユニットは前面部分を残すのみとなりました。
手前の下側にあるのが撤去した天井で、5つのユニットに分かれていました。

Dscb03608




Dscb03612
壁ユニットの解体、撤去が終わりました。



続いて、床材、床下根太、構造材の撤去が終わりました。  これで残るのは厄介な基礎ブロック2段積みの解体です。

Dscb03673




Dscb03725
友人から、バール、ハンマーを借用できたので、ブロックの隙間にバールを入れて解体を進めます。


ようやく基礎ブロックの解体が終わりました、 使用した工具はバール大、小、ハンマー、スコップ小 の4種類です。

Dscb03728




Dscb03729_2
ブロックの廃材を利用して跡地のコーナーに植木の剪定枝や除草した草を保管できる場所を造る事にしました。



解体後のブロックを再利用するいるので、パズルを組み合わせるようにあれこれと位置を変えながらくみ上げていきました。  セメントで接着して何とか形になりました。

Dscb04527




Dscb04529
早速、庭の一角に積み上げたままになっていた剪定枝や除草した草などを入れてみましたが、予想に反して入りきらない内に満杯になってしまいました (^-^;



と、いう事で、たいへんな作業もあり少し疲れたりもしましたが、業者に頼まずに自分でやったおかげで¥10万 の節約ができました。   (^-^;

次は跡地を庭としてリニューアルしていきます。

2018年4月23日 (月)

季節はいつしか初夏の陽気に

また、一か月もご無沙汰している間に、季節はいつしか初夏のような陽気になりました。  これに懲りずにお付き合いくださいますように (^-^;


前庭ではハナミズキが満開です。  自然に芽生えたまだ小さな2本を含めて、5本に花が咲いています。  白花4本、赤花1本です。

Dscb04690




Dscb04686




Dscb04688



2階からみるとこんな感じです。

Dscb04650





今日は、新城での美術協会の会合があり出掛けていましたが帰宅すると、友人から筍をもらったから、と親戚の方が持って来てくださいました。   毎年、裏の家の方から頂くのですが、今年はまだかな~と思っていたところでした。  早速、晩御飯の「炊き込みご飯」に使おうと準備しました。


小ぶりの物ばかりですが10本もありました、当分食べれそうです。

Dscb05016




Dscb05018



以前はヌカと一緒に茹でて「あく抜き」をしていましたが、数年前からは、大根おろしに塩を加えた水に1時間浸すだけで「あく抜き」ができると言うレシピを知り、この方法でやっています。 省エネにもなります。 残った物はパックに入れて保存できます。

Dscb05020




Dscb05063
前庭に自然に芽生えたミツバ、サンショを採ってきました。



家族はミツバを、私はサンショを載せました。  良い香りです。
筍も柔らかくて薄味の味付けで美味しくいただきました。

Dscb05064



と、言う事で旬の食材に出会えて良い日でした (^  ^)v

2018年3月22日 (木)

3月の庭から

3月も早、春分の日を過ぎ下旬に入りました。  地域によっては時ならぬ雪に見舞われた方々もいるようですが、こちらは連日の雨続き、ようやく今日は日差しが出ました。  そんな中、私の家の庭の様子から。


ジンチョウゲ(沈丁花)   ロウバイが終わって代わりに咲き出し、良い香りを漂わせています。


Dscb03644




Dscb03646




Dscb03628_2



フキノトウ(蕗の薹)   数はわずかですが、芽を出して花が咲きました。

Dscb03614




Dscb03618



味噌、みりん、砂糖などを入れて造った「蕗味噌」  ご飯の友に良いです。

Dscb03675




エゾニシキ(蝦夷錦)  絞り咲きのツバキ  サザンカに代わって咲き出しました。

Dscb03391




Dscb03392
枝によって、絞りだけでなく赤や白色単色の花も咲きます。




Dscb03746




そしてお気に入りのヤブツバキ  タマノウラ(玉之浦)  控えめに下向きで咲きます。

Dscb03652




Dscb03669





Dscb03751




Dscb03753

2018年3月 2日 (金)

奥三河へ

少し前になってしまいますが、先月の中旬、参加している絵画展の最終日。  
会場当番を終えた後、奥三河へ行ってみました。  まずはなじみのカフェに、そしてお昼ご飯を食べに、久しぶりにさらに奥まで出掛けました。


馴染みのカフェでモーニングを。


Dscb03229
珍しく、お客さんは誰もいなくて貸し切り状態、屋外のテラスを見下ろせる特等席に。




Dscb03226




このお店の方に買い上げて頂いた私の作品に3ケ月振りに再会しました。

「山間のカフェ」  F3号    このカフェの屋外テラスを描いた作品。 

Dscb03231tori





Dscb03234_2
もうすぐ春ですね。





そして、お昼ご飯を食べに久しぶりに「湯谷温泉」に足を延ばしました。
見晴らしの良い展望できる場所があります。  中央を流れるのは宇連川、少し下流で寒狭川と合流して豊川になり豊橋で三河湾に流れます。  両岸には温泉宿があります。

Dscb03239




Dscb03242
寒かったので、煮かけうどんと五平餅を頂きました。  五平餅はまるで「げんこつ」のようでボリュームたっぷり。  味噌ダレが美味しい!



懐かしい火鉢がテーブルの各所に置いてあり手を温めました。   子供の頃は暖房と言えば、このような火鉢と炬燵だけでした。

Dscb03241




Dscb03243
お店の構えは、良い風情が感じられます。




Dscb03244




 

2018年2月10日 (土)

2018新城美術協会春季展

「2018新城美術協会春季展」が新城文化会館・展示室にて始まりました。  今年最初の私が関連する絵画展になります。  今回は出品作品を制作中に体調を崩して2日間ほど寝込んでしまって、完成できず制作途中での出品になっています。


会場の新城文化会館、きれいな青空の元で搬入、展示作業を行いました。


Dscb03202



2018



今回は私は3点の出品で、2点は新作ですが、大作は描いていないのでやむを得ず10年前の作品を出しています。

Dscb03096
「渓流(新城市作手)」  P10号      新緑の風景です。




Dscb03092
   「早春」  SM      白馬村を走る大糸線、背景は「唐松岳」




Dscb03106
「安曇野高瀬川雪景」  F80号  2007年「第60回示現会展」出品・入選作品




会場の作品展示の様子

Dscb03177_tori




Dscb03188_tori




その他の作品(作者名、作品サイズは省略)

Dscb03140
「藪椿とワイルドターキーの瓶」




Dscb03107_2
     「羽音は詩う」




Dscb03110_2
 「木霊 №31」




Dscb03109
「石たち」




Dscb03142_2
     「くつろぐ」




12日(月)16:00 まで開催中です。




2018年1月22日 (月)

新春の故郷風景から

正月に実家(愛知県新城市)に帰った時に、絵画作品になりそうな場所をドライブしながらあちこちと廻ってみた。  故郷は離れてみて、その良さ(例えば風景とか)が分かると言うけれど、まさにそんな感じ。  最近は故郷の風景を作品に残したいと思うようになって、いろいろな作品を描いている。


新城市の市街地郊外の西側を中心に廻りました。  正面は私の好きな山、本宮山(789m)  この辺りでは一番高い山で、名古屋の各TV局の中継アンテナなども見える。  また豊川市にある「砥鹿神社(とがじんじゃ)」の奥宮がある。


Dscb02723




Dscb02731




Dscb02732




Dscb02736




Dscb02737
空き家になった廃屋のようです。





「2018新城美術協会春季展」 が開催されます。  私は昔描いた80号の安曇野風景他、合計3点を出品します。    
注)下記案内状に誤記があります 2月9日(木)⇒(金) に訂正です。

2018




2018_2








 

2018年1月 4日 (木)

新年 明けまして おめでとうございます。

2018年(平成30年) 明けまして おめでとうございます。 
本年もどうぞよろしくお願い致します。


元旦の初日の出は、自宅バルコニーからでした(AM 7:19 の東の空)

Dscb02681




実は私の家のバルコニーからは「富士山(3776m)を見る事ができます。  毎日見えると言うわけではなく、条件が良い場合だけですが。   あいにく、元旦の朝は見えなかったので、昨年12月25日の朝に撮影した画像を、ご紹介します。 

Dscb02580




Dscb02585
頂上付近だけがかすかに見えます。 




近くの高台からは、もう少しはっきりと見えます。  この写真は2年前のお正月の撮影です。   中央には浜名湖、右側には浜名湖北部にある「舘山寺温泉」のホテルなどが見えます。

Dsc_05297
  




Dscb02684_2
毎年恒例、手作りの「正月飾り」です。





今年の年賀状は、いつもの私の絵画作品ではなく、昨年11月の私の個展の新聞掲載記事を使いました。  これで、私の活動の一端を皆さんに知って頂けると思います。

2018




元旦には年賀状と一緒に、所属する「新城美術協会」の会報誌が事務局から届きました。  そこには、昨年9月下旬に豊橋市のギャラリーで開催した、私の個展の様子が掲載されていました。

2017122_2





お正月の3ヶ日はすでに過ぎていますが、お雑煮のお餅、おせちの栗きんとん、お多福豆、お年賀のお菓子など、カロリーの高い物ばかり、ついつい食べ過ぎてカロリー摂取し過ぎ状態です。  そろそろ食生活は控えめに、日常に戻さなくてはなりません。

Dscb02712




Dscb02718




Dscb02588



◆今年も絵画、庭や草花、日常の事等 不定期ですがブログ更新していきたいと思います。  どうぞよろしくお願い致します。




«17年前の思い出から

カウンター

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ポチッ と

  • ポチッとよろしく!

天気

最近のトラックバック